【ショック】赤ちゃんが母乳を飲まない!原因と対策法は?

投稿日:

赤ちゃん母乳飲まない!!」

これって結構死活問題…。

赤ちゃんは母乳かミルクしか飲まないですから、
唯一の栄養源が取れなくなるというのは困ったものですよね…。

 

ただただお腹がいっぱいなだけ、ということなら心配はいりませんが
赤ちゃんが飲みたくても飲めない!という状況ではいけませんよね!

赤ちゃんや乳房の状態をよく観察して
母乳を飲まない原因を追究してみましょう。

 

母乳を飲まない!!3つの理由とは?

乳頭混乱を起こしている

母乳とミルクを併用している場合に起こりやすいのが乳頭混乱です。

基本母乳を飲むときと、哺乳瓶でミルクを飲むときは
赤ちゃんの下の動きが変わってきます。

 

母乳の場合は、乳首に赤ちゃんの下を巻きつけてしごくようにしないと
母乳をうまく飲めないようになっているのですが、

哺乳瓶は母乳のようにしごかなくても、吸えばミルクを飲めるので
母乳よりラクにミルクを飲むことができます。

 

大人だってラクに飲めるほうが良いですよね。

母乳が飲みたくても、哺乳瓶の飲み方で飲むと母乳が出てこないので
飲むことを諦めちゃう赤ちゃんも出てくるのです。

 

母乳の味がいつもと違う

母乳はママの血液から出来ています。

ママの血液はママの口にする食べ物で出来ていますから
食べたものによって母乳の味が少しずつ変化するのです。

赤ちゃんの舌は敏感です。

少し味が違うと飲まない!という赤ちゃんもいるほど!

良い母乳というのは、舐めてみるとちょっぴり甘いです。

 

食事で塩分を摂り過ぎていたり、砂糖などがたくさん入った甘いものや脂っこいものなどを食べ過ぎると
母乳がしょっぱくなったり、ドロっとして美味しくない母乳になったりします。

一度自分の母乳を舐めてみて、味を確認してみましょう!

 

うまく母乳が飲めない状態になっている

ママのおっぱいが張りすぎていたりすると、おっぱいに吸い付きづらくなりますし、
乳首の形が吸い付きづらいと母乳を上手く飲めなかったりします。

授乳前に乳頭マッサージをするなどして飲みやすい状態にしていくことも大事です。

またおっぱいだけに問題があるわけではありません。

授乳体勢が悪いと母乳を飲まない、飲みづらいということもありますから
ママが飲ませやすい体勢ではなく、赤ちゃんが飲みやすい体勢に気をつけて授乳することが大事です。

 

母乳を飲まない!!対策法3選

混合の場合は母乳を多めにあげる

乳頭混乱を起こしている場合は、母乳の回数を多めにしていくことが大事です。

母乳を飲むときの舌の動きをあかちゃんに忘れてもらわないようにするためです。

また、哺乳瓶の乳首もいろんな種類があります。

授乳訓練用の乳首などもありますから、いろんな乳首を試してみるのも良いですよ!

 

ママの食事に気をつけてみる

母乳の味がしょっぱかったり、ドロッと脂っこかったりしていた場合は
ママの食事内容に気をつけてみましょう。

和食を意識するだけで、母乳の味も驚くほど変わってきます。

 

たんぽぽ茶を飲む

わたしは食事に気をつけたかったんですが、
里帰りしなかったので自分で食事も作れる状態でもなく…

旦那が作ってくれたごはんを食べていたのですが、まぁ脂っこい!!

おかげで母乳もどことなく脂っこくなっていました…。

 

母乳の量を増やそう!と思ってたんぽぽ茶を飲んでいたのですが、
たんぽぽ茶には母乳の質を良くする働きもあったので
多少脂っこいものを食べても、母乳に影響することはほとんどありませんでした^^

 

母乳の量が少ないかも…
母乳の味が良くないのかも…

どちらかに当てはまるなら【たんぽぽ茶】を一度飲んでみてはどうでしょうか?

⇒たんぽぽ茶を実際に飲んでみたら…驚く効果が!!

 

 

 

 

Copyright© たんぽぽ茶で母乳が増えたか徹底調査!実体験ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.